還元率

クレジットカード払いの延滞に気を付けるにはどうしたらいい?

みなさんはクレジットカードってお持ちですか。
高額な買物をした場合などに大金を持ち歩かなくても買物ができるクレジットカードは非常に便利なカードであり、現金を持ち歩くことなくサインまたは暗証番号を入力するだけで買物ができてしまうカードになります。
最近ではそんなクレジットカードを日常生活での買物などでも利用することでポイントを貯め、ポイントで商品券などに交換したり、提携しているお店のクレジットカードの場合には、ポイントを利用して買物をしたり現金で買物をするよりもお得であるということから利用されています。

使い方によっては便利であるクレジットカードも買物をするといった場合には、現金を出さなくてよいため出費しているといった感覚が減ってしまうということからついつい利用してしまう使い過ぎに注意といわれていますが、きちんと計画性を持つことで現金に比べると還元率もよいのでしっかりと事前に考えて利用するということが大切になってきます。
また、クレジットカードで払った場合には毎月の支払日にまとまった額を支払うことになります。
毎度いくら利用したかを考えておかないと請求額にビックリするなんてことにならないよう注意しましょう。

また、クレジットカードの支払は銀行引き落としにしているといった方が多いかと思います。
毎月決まった日に引き落とされるので前日までにはきちんと入金しておきましょう。
もし、入金されていなかった場合には延滞ということになり支払うまでの期間の延滞金が発生します。

後日、郵送などで支払の確認または催促が届く形となることが多いかと思います。
銀行引き落としの場合には、引き落とされていると思っていても実際には金額が足りず引き落とされていなかったために郵便通知で気づくといった場合も多いようです。
そうならないためにも、前日までに請求金額と銀行に入っている額をしっかりと確認し延滞とならないように気をつけましょう。

このページの先頭へ