還元率

クレジットカードの不正使用対応はどうしたら良い?

クレジットカードは非常に便利なカードであり、現金を持ち歩かなくてもサインや暗証番号を入力するだけで買物ができます。
クレジットカードの対応しているお店も非常に多くなっていて、最近では当たり前のように利用されているネットショッピングなどにおいても非常に便利に利用できるといわれています。
クレジットカードは条件を満たしている満18歳以上の方は作ることができ、手元に届いたらすぐに使用することができます。

クレジットカードは使い過ぎに注意などともいわれますが、きちんと計画性を持って利用することで非常にお得に買物ができます。
非常に簡単に買物ができてしまうからこそ気をつけなければならないこともありますのでしっかりと頭に入れておきましょう。
まず、注意しなければならないのが不正使用です。

不正使用とは、誰かによって勝手に使用されていて請求だけがくるということをいいます。
高額な場合には、気付きやすいけれど少額の場合には気付かないという方も多く、毎月自分で購入してもいないもののお金を知らずに払い続けているといった方もいらっしゃるんです。
当然、不正使用は立派な犯罪ですからまずはしっかりと明細を確認することが大切になります。
もしも不正使用が発覚した場合にはただちにカード会社に連絡しましょう。

カード会社もきちんと調べることで不正使用されているということはわかるはずです。
そういった場合にはカードをすぐに停止し、不正使用については支払義務はありませんので払う必要はありません。
不正使用においては何らかの形で名前や個人情報を把握されており、かつ身分証をコピーなどされてしまえば簡単に新しいカードは作られてしまいます。

覚えのない請求は絶対に払わないようにしましょう。
また、カード番号・期限年月を入手されてネットショッピングなどで使用されるといった場合もあります。
そういった場合には、まず明細を確認し自分自身が気づかなければいくらでも使用されてしまいますので必ず明細は確認するようにしましょう。

このページの先頭へ