還元率

クレジットカードでの使い過ぎに注意するには?

高額な買物や現金を持ち合わせていなかった時に利用するといったイメージが強いような気がするクレジットカードですが、みなさんはお持ちのクレジットカードをどう利用していますか。
最近では、ネットショッピングが増えてきていることもあり、クレジットカードのポイントを貯めるためにちょっとしたスーパーや日常の買物もクレジットカードですると言った方が非常に増えてきています。
クレジットカードを利用することによって様々なメリットがあり、まずはポイントが付くということです。

ポイントはクレジットカードの種類によっても変わってきますが、一般的には商品券やポイント相当の商品と交換することができたりします。
またお店と提携しているクレジットカードなどですと、ポイントを利用して買物ができたり、クレジットカードを持っているだけで割引されたりとカードによってもお得なものが変わっては来るものの、現金で購入するよりも還元率が高いといわれています。
また、公共料金や携帯電話の料金などもクレジット払いにすることで決まった出費を支払ってもポイントが付くことになります。

また、利用した分の明細が一ヶ月使った日順に記載された明細が届くので家計簿の役割も果たしてくれ、間違いや書き忘れなどミスもなくなり管理しやすくなります。
後に振り返って見たい時などにも月ごとに管理できるので非常に便利です。
このようにメリットがあるクレジットカードですがもちろん気をつけなければならない点もあります。

クレジットカードは現金と違い、サイン一つで買物ができてしまうのでお財布からは現金が減ってはいきません。
そこでしっかりと支払ったと認識することが大切であり、現金が減っていないことで買物したという意識が薄くなることで使いすぎてしまうといわれています。
もちろん、その部分に関してはしっかりと買物をしたということを自覚し、領収証をきちんともらい計算するということが1番です。
請求が来た時点で確認するのではなく利用した時に今いくら使っているということをきちんと理解しておかなければ後に手のつけられない状態となることのないようしっかりと確認しておきましょう。

このページの先頭へ